【ピアノ3弾セット】30日でマスターするピアノ教本&DVDセット!ピアノレッスン 第1弾・2弾・3弾セット

 

ピアノ演奏

大人になってから、ピアノを弾こうという動機は、
ほとんど趣味として楽しみたいということですよね。

物事を始めるに遅いということはないのですが、
その到達レベルによってはむつかしいこともあります。

ピアノもプロ級を目指すのであれば、
大人になってからでは遅いと言わざるを得ないのですが、趣味として楽しむレベルであれば大丈夫です。

子供の方が、直感力や覚えこむには適切かもしれませんが大人であれば動機がはっきりしていますし、大人の方が理解力があると言えますからね。

ピアノ練習法 独学

ピアノ演奏の技術を身に付けるステップは、
スポーツと似ていると言われます。

まずは基本の型をしっかりと身に付けると
上達スピードが速いんですね。

ですから、ピアノ教室などに通い、
指導者につくことが上達のコツと言われます。

しかし、大人がピアノ練習を始めるのであれば、
ピアニストや、プロを目指すわけではないので、
独学という方法もあります。

大人がピアノ教室に通うということは、
ピアノレッスンのある時間帯に通う、
ピアノ教室の費用、
弾きたい曲が弾けるようになるまでの時間、
モチベーションの維持、
練習の時間帯の確保
など、障害もたくさんあるのです。

独学であれば、
課題曲は自分で選べる、
ピアノでなくても電子ピアノなども使える
練習時間は自分でコントロールできる
など当事者にとってもメリットとなることが多いのです。

練習を始めるにあたって、
目標設定、課題曲など方針とプランを
しっかり定めることができれば、
独学をおすすめします。

ピアノ練習時間

ピアノ教室に通うお子さんたちの標準のピアノ練習時間は1時間位と言われています。

これは、ピアノ教室で用意されているカリキュラムを
標準的に進めていくのに必要な練習時間と
されています。

もちろん、個人差はあるものの、
独学におけるピアノ練習にしても、
ひとつの目安と出来るでしょう。

もちろん、毎日とはいかないでしょうが、
自分なりの到達目標をどれくらいの期間で
達成していくかという計画を立てる上で
参考になります。

実際には、時間があるときにまとめて
練習をすることもありです。

休みの日にまとめて練習したり、
夜も遅くまで練習したりというのもありですから、
自分のペースでスルメるのが一番です。

ピアノ選び

ピアノを独学で練習をするとなると、
家庭にピアノのあるなしが大きな問題ですが、電子ピアノやキーボードでも練習は可能です。

ピアノ練習には最低でも88鍵盤が必要とも言われますが、61鍵盤もあれば十分と考えられます。

実際にピアノ演奏を披露したりする機会があるのなら、鍵盤の重さに慣れるためにはピアノで練習しておくことが
一番と言われます。

指にかかる力にはピアノと、電子ピアノでは
かなりの差があるようです。

しかし、もし、ピアノがなく、
これから購入を考えるなら、
電子ピアノでも十分と言えます。

特に最近は、練習曲などもインターネットでダウンロードできたり、
実際に練習する時間帯に音量を絞って周りを気にしなくても、
ヘッドフォーンなどを使えばいいというなどの利点も多いです。

ですから、大人の場合、ピアノとの差を認識した上で
電子ピアノやキーボードを選ばれても良いと思います。

 

 

リンク

オススメ

 
教本&DVD 付き教材
海野先生が教える初心者向けピアノ講座
海野先生が教える初心者向けピアノ講座

【ピアノレッスン】
30日でマスターするピアノ教本&DVDセット
第1弾・2弾・3弾セット


【ピアノレッスン】
30日でマスターするピアノ教本&DVDセット
第4弾・5弾・6弾セット

 

ピアノ指作り

 

ピアノ教室

EYS音楽教室
© 2018 ピアノ rss